能代名物 鍋谷製麺の片栗うどん  2011年12月13日    このエントリをはてなブックマークに登録 Twitterに投稿する

udon

能代名物の片栗うどん
秋田県といえば、稲庭うどんも有名ですが、この能代の片栗うどんも美味!
ただ今、じわじわと人気沸騰中です。
テレビやラジオ、雑誌でも何度も紹介され、現在注文が増加中!

昔ながらのうどんといえば、片栗うどん

細い丸うどん(約1mm)で、ツルツルとした食感に仕上げた昔ながらの「片栗うどん」。
小麦粉・塩・水だけを原材料としたシンプルな麺で小麦粉の味を生かした逸品です。
仕上がりに片栗粉を振ったので「片栗うどん」と名づけられたとか。
うどんづくりのカギを握るのは水。
秋田の天然水を使用し、小麦粉、塩にもこだわりぬきました。
出来たうどんは2日~3日ほど乾燥させて出来上がるのですが、冷気が強く、湿度も低いこの土地。
こしが強く、つるつるしゃっきりとした、気持の良い舌応えの麺が出来上がります。


片栗うどんの美味しいレシピ☆
能代 片栗うどん レシピ

【1】片栗うどんの麺はゆでて(4~5分)しっかり水洗いし、ざるにあげておきます。
【2】比内地鶏だしでスープを作り、比内地鶏肉とキノコ類を入れて軽く煮て、ここで味を決めてしまいます。
【3】出汁に片栗うどんを入れて、1~2分煮込み盛り分けて長ネギを散らし、好みでおろししょうがや七味など振って食べます。


能代名物 鍋谷製麺の片栗うどん

【1】片栗うどんの麺は約5分程度ゆがき、水で良くもみ洗いしてざるに上げ、水分を切る。
【2】なめことじゅんさいはさっと茹で、じゅんさいが鮮やかな緑色に変わったら、手早くすくい上げ、冷水(できれば氷水)で冷やします。
十分に冷えたら水からすくい上げます。
【3】食べる直前に冷水につけ、水分を切って皿に盛りつけます。
【4】お好みで具を適量のせ、めんつゆをかけて出来上がり。


同じく!しらかみ美人もオススメです

能代の名物、鍋谷製麺の片栗うどん。
新商品の「しらかみ美人」も同じくオススメ。
新能代うどん「しらかみ美人」は、藤代町の「白神山水」、八峰町の「白神の塩」、「白神こだま酵母」を使って熟成醗酵するなど、白神ブランドにとことんこだわった逸品です。
まだの方は是非お試しください!


あいしてあきた
 

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

お気軽にコメントをどうぞ